伝える工夫

ぼくは、言葉で何かを説明するときに、

相手にわかってもらうための工夫をしています。

たとえば、

伝えたいことに

1、2、3、と順番をつけたり、

かならず分けて説明するようにしています。

この方法は

ぼくだけではなく、

ほかの盲聾者でも使っているのではないでしょうか。

分けて説明することで、相手にもわかりやすく伝えることができ、

理解してもらいやすいのです。


- S p o n s o r -

をとおして人生を豊かに

FaceTherapie aesthetic from kyoto since 1993

​株式会社ファセテラピー

東京都港区高輪4-23-6

東京都文京区小石川2-3-4第一川田ビル2F

メール:tokyo@facetherapie.com

AdobeStock_278868890.png
ハプティカ.png

顔リズムは持続可能な開発目標(国連 SDGs)を支援しています

​FaceTherapie Online  

face vibration