​食べてキレイになれる和食

​誰でもできる簡単レシピ

mv-ttl.jpg

黄金比率の鶏照り焼き

1972年生まれ。

「日本橋ゆかり」は、親子3代にわたり宮内庁への出入りを許された老舗名門店。「株式会社 菊乃井」で日本料理の修業を経てゆかりの三代目若主人となる。

2002年、「料理の鉄人JAPAN CUP'02」で総合優勝。

NYタイムズ紙に日本を代表する若手料理人として選出され、『世界の料理人』として認められた第一人者。

2015年7月11日 イタリア・ミラノ万博にて日本代表として日本料理を披露。

 

2017年 11月小池知事より 東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞、歴代料理人最年少受賞。

 

2019年4月「日本食普及の親善大使」に任命。様々なメディアや雑誌、海外での活動も多く、幅広い分野で活躍中。伝統を守りながらも、新しい日本料理を発信し続けている。

 今月のトピックス

本当に美味しい具だくさんの豚汁🥢

 

 「日本橋 ゆかり」三代目 野永喜三夫料理長 による

  美味しい豚汁を伝授致します‼️

 

  ▼ "具沢山で味染み"な豚汁の作り方は

   youtu.be/DmS_ITVD00E

・カゴメの”つぶより野菜”のCMにでます!

 ・『絶対に覚えておきたい』レシピ 

 
bg_edited.jpg

​色々きのこきんぴら

​ポテマヨ明太

黄金比率!お弁当とり照り焼き

黄金比率!お弁当照り焼き

​香り唐揚げ

​豚バラときのこの炊き込みご飯

万能納豆だれ ピザトースト仕立て

もっちもち!切り餅入り和風パンケーキ

​赤パプリカの塩きんぴら

​とり唐揚げが変身!絶品みぞれ煮

焼き鮭の香りごはん

豚肉のうま味噌炒め

喜三夫流 俺の牛丼

喜三夫流 鶏のふっくら西京漬け

和食屋の絶品みそマヨ和え

和風コールスロー

炒めない!油いらずの絶品肉じゃが

​お蕎麦屋さんのカレーうどん

かぶと人参の柚子風味即席漬け

​かぶと油揚げの煮物

​さつまいもけんぴ

​ピーマンのツナネーズ和え

​ふりかけ肉巻き

ぶりの煮付け

日本橋ゆかり
野永喜三夫

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-2-14
tel 03-3271-3436
fax 03-3271-4367
mobile 090-8145-0965
nonaga@nihonbashi-yukari.com

油がいらない!絶品生姜焼き

喜三夫流 俺の親子丼

​きのこのきんぴら

​キャベツのうま味噌ネーズ

​きゅうりの即席ナムル

​こく旨!鮭の北海汁

MainVisual.png

FACETHERAPIE

無料ソーシャル​エステ

様々なスポンサー企業に支えられています

bnr03.jpg
AdobeStock_278868890.png
ハプティカ.png
bnr02.png
スクリーンショット 2020-11-15 15.56.33.png

顔リズムは持続可能な開発目標(国連 SDGs)を支援しています

​FaceTherapie Online  

face vibration

ファセテラピー社は創業から30年の歴史をもち、東京・京都を中心にエステサロン、 スクール事業を行っている会社です.単なるエステに留まらず、「人の手がつくる心地よさ」を科学し、触覚に関する様々な研究・プロジェクトを展開し、美容以外の業界からも注目を集めています。また、大学研究機関との共同研究によるマッサージの技術革新とソーシャルビジネスへの展開( 美容IT による障がい者・高齢者の雇用創出) は国内外で評価されています。( 京都大学 学際研究着想コンテスト2017 総長賞:テーマは「社会をやわらかくする『触覚論理』アプローチの構築」、ユネスコが支援する英国の学術情報誌IMPACT の取材・掲載)

「社会を変えるエステ」

〜なぜ無料なのか?〜

盲ろう者をしっていますか?目と耳の両方に障がいを併せもつ人々です。この無料エステは盲ろう者の雇用と社会参加を促進するためのソーシャルビジネスです.このソーシャルビジネスを一人でも多くの方々にお伝えいたしたく,ぜひ,オンラインによるサービスをご体験いただき,周りの方々にお知らせいただけますと幸甚です.触覚でコミュニケーションをしている盲ろう者は豊かな「触感覚」をもっています。エステ技術をマスターした盲ろう者により彼らの豊かな触感覚をフェイシャルマッサージや振動として表現します。彼らのデザインするマッサージは並外れた驚嘆させられるものばかりです。盲ろう者の雇用と社会的孤立は世界的な社会問題です。彼らの優れた触感覚を触覚・マッサージのデザインに生かす本事業はソーシャルビジネスとして国内外から注目されています.

〜ファセテラピーとは?〜

私達は『顔の表情はこころのかたち』ととらえています。
顔の神経に心地よいリズムを与えることで、心身の凝り固まりを解きほぐすことができると考えています。

喜怒哀楽は、全身のどこよりも顔の表情に出やすいものです。
ある感情が長期化すると、その感情によってもたらされる表情が癖づいてきます。
幸せそうな人はいつ見ても幸せそうな表情をしているし、怒りっぽい人はいつも気難しい顔をしているのはそのためです。より習慣的になっている感情に見合った表情が、私たちの日常的な顔として定着していると言えます。しかし、こころと顔の関係は決して一方通行ではなく、「こころの癖が顔の癖になる」のと同時に、「顔の癖を直せば、こころの癖も治る」ということも言えるのではないでしょうか。硬くなった顔に適切なリズムを持ったここち良いマッサージを与えると、顔はストレスから解放され、その人らしい「自然の笑み」が生まれます。ひとの美しさとは、まさに「ここちよさ」から生まれる、自分らしい自然でやわらかい表情、やわらかい顔つきです。そんな「美しい顔」を生み出すための具体的なマッサージ方法がファセテラピーなのです。

"Aesthetics that change our society”
~ Why is it for free? ~
Do you know deaf-blind persons? They are people who have both eye and hearing impairments. This free esthetic service is a social business to promote the employment and social participation of the deaf-blind persons. I would like to share this social business with as many people as possible. I would be delighted if you could experience our online service and let others know about it! Deafblind people who communicate by touch have a rich sense of touch. Their rich sense of touch is expressed in the form of facial massages and vibrations by deafblind people who have mastered the aesthetic technique. The massages they design are extraordinary and astounding. 
Facetherapie is a company with 30 years of history since its establishment, which is operating an esthetic salon and school business mainly in Tokyo and Kyoto. The company is not only engaged in esthetic treatment, but also conducts various research and projects related to the sense of touch, and is attracting attention from industries other than the beauty industry. In addition, the innovation of the massage technique and the development of social business through joint research with university research institutes (creation of employment for the disabled and the elderly by means of beauty IT) have been appreciated in Japan and abroad.
(Interdisciplinary Research Idea Contest 2017, Kyoto University, President's Award: the theme is "Construction of a 'tactile logic' approach to ease society", interviewed and published by IMPACT, a UNESCO-supported academic journal in the UK.)

Employment and social isolation of the deaf-blind persons are global social problems. Our business, which makes use of their superior sense of touch to design tactile and massage therapies, is attracting attention at home and abroad as a social business.
At Facetherapie, we believe that the expression of the face is the shape of the mind. We believe that by giving a comfortable rhythm to the nerves of the face, we can loosen the stiffness of the body and mind. Happiness, anger, sorrow and pleasure are more likely to appear in the facial expressions than anywhere else in the body.
When an emotion is prolonged, the facial expression brought about by that emotion becomes habitual. This is why a happy person always looks happy, and an angry person always looks dour. It can be said that the facial expressions that match our more habitual emotions have become our everyday faces. However, the relationship between the mind and the face is not a one-way street; at the same time, it can be said that the habits of the mind become the habits of the face, and at the same time, if we fix the habits of the face, we can cure the habits of the mind. Giving a good massage to a stiff face with an appropriate rhythm will release stress from the face and give birth to a "natural smile" that is appropriate for each person. The beauty of a person is born out
of a feeling of comfort, a natural and soft expression and a tender face.
Facetherapie is a specific massage method to create such a "beautiful face".

をとおして人生を豊かに

FaceTherapie aesthetic from kyoto since 1993

​株式会社ファセテラピー

東京都港区高輪4-23-6

tokyo@facetherapie.com